2011年11月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

アナンタラ バンコク リバーサイド リゾート アンド スパでお茶

バンコクの洪水被害は少しずつではあるようですが水がひいてきているようで、少し一安心。随分長い間避難生活をしていた知人もやっと自宅に戻れたようで...本当におつかれさまでした。
また早く沢山の観光客が戻る日が来るといいなと思います。
22日追:ビッグバッグ(バンコクを守るための土嚢壁)の外では水かさが増している所もあるとか....まだまだ余談を許さない状況ですね...

そんなこんなで、一旦クアラルンプールまで行った旅行記ですが少しだけ逆戻りさせて下さい^^;

ある日、マリオットリゾートアンドスパ(現在アナンタラ バンコク リバーサイド リゾート アンド スパに変更)に所用で出かけました。
実は初めてバンコクに来て泊まったホテルがここ。
とても好きなホテルの一つになったのですが、以来13年程なぜか行く機会が無く....。
という事で 久々のマリオット(アナンタラリバーサイド)はとても懐かしい思いでいっぱいで訪れました。

CIMG1762.jpg
随分スッキリと綺麗になった印象のロビーエリア(前回はもう10年以上前ですから~^^;)
相変わらずゆったりとしたスペースで優雅な気持ちになれます。

CIMG1761.jpg
13年前もぼーっと見上げた吹き抜け(笑)
客室は吹き抜けを囲むように配置されています。

CIMG1759.jpg
少し慌ただしかったのですが、カフェラテで一服。
お砂糖がかわいいステックについてました。

中心部までは舟&BTS利用となるのですが、やっぱりこのホテル好きです~。
次回バンコクにいったら泊まりたいな。

Anantara Bangkok Riverside Resort and Spa
57/1-3 Charoennakorn Road,
Thonburi, Bangkok 10600,
電話:+66 (0) 2476 0022
FAX:+66 (0) 2476 1120
Eメール:bangkokriverside@anantara.com


より大きな地図で makan makan asia を表示
スポンサーサイト

列車でクアラルンプールヘ 3

CIMG1947.jpg
朝食を食べ、席を戻したら、いよいよ国境です。
荷物も全て持ち出しまして、タイ出国→マレイシア入国です。
ここは空港よりも随分ゆる~い雰囲気でして、後ろに並んでる旅行者にちょっとしたトラブルがあったのですが、タイ人係官の反応がおかしくて一同爆笑な場面も...。

CIMG1948.jpg
こちらからはマレイシア。さようならタイランド....
入国審査の後は車内の雰囲気も少し変わり、バターワースまでの数時間、車内販売も途絶えてしまいます。
ここでお菓子とジュース等の販売がありますので、小腹が減ったとき用に少し買っておくといいかもしれません。

※この後は地元の人が大勢乗り込んできます。
座席指定無しのようで、我々の席にもグリグリっと3人とか座ってきます。
インドネシアで小舟チャーターしたら、なぜかローカルの人が我れ先と乗り込んでくるのに近い感覚でしょうか^^;

CIMG1951.jpg
やっとバターワースに到着です!ちょうどランチ時「お腹すいた~~!!」という事で、あたりを見回すもなーんにも無いです...
シャワーも浴びたいのですが、ホテルなども無く。
ほとんどの乗客はここからペナンに行くようでこの後に来るKTMインターシティに乗る人は若干数。

また、駅構内のトイレは有料(マレーシアですね)
マレーシアコインの持ち合わせが無く、タイバーツもだめと断られ。
うーん....カナダのクオーターならあるのですが。と言ったらしばし眺めてオッケー!ホッ(笑)


CIMG1952.jpg
バターワース駅にあるのはこんな売店が2、3件あるのみ。
「両替致しまよ」にヘナヘナ~となりつつ...

CIMG1950.jpg
確保したランチ(二人前)

さて、2時間程待ちましてKTMインターシティがやってきました。同じホームですので、移動は便利です。
退屈なので長ーいプラットホームを走ったりして暇つぶし(笑)

KTMの席はPremier Classって事でゆっくりできるかな~なんて思っていましたが....
リクライニングは壊れていてもたれ掛かるとどこまでも倒れて行き、アームレストからは果てしなく子ゴ○ブリが出てきました(泣)

CIMG1954.jpg
夕飯は一度だけ来た車内販売のこれを。
(激甘で一口で降参でした)

KLセントラルには夜9時過ぎの到着。
到着時にはお腹ペコペコ、ヨレヨレの状態。
長時間移動でしたが、タイ側はとても快適な旅でした。
もしもこの移動をまたする事があればがっつりと食料を買い込んで行きたいと思います!(できれば逆ルートがいいな...)

列車でクアラルンプールヘ 2

少し時間が開きましたが、列車でクアラルンプールへの続きです。

早々にオーダーをすませ、ビールもありますか?と聞いたら「あるよ~!」との事でビールも2本お願いしたら、即持ってきてくれました^^
CIMG1935.jpg
昼から飲んじゃう!?とも思いましたが、夕飯時のお楽しみという事で一旦持って帰ってもらいました。バイバイフォーナウ(笑)

CIMG1937.jpg
さて夕飯時。普通は座席にテーブルをセッティングして自分のところで食べるのですが、諸事情により(笑)私の席はとんでも無い事になっているため開いてる席にテーブルセッティングしてくれました。スタッフさんの機転に感謝!
手前がDセットのポークオイスター炒めセット。
奥がBセットのチキンとカシューナッツ炒めセット。
カレーもグリーンカレーとレッドカレーの2種類。
かなり辛さは控えめですが、列車でこの料金(150バーツ)はありがたいです。

CIMG1938.jpg
列車のガタンゴトンというリズムを聞きつつ、ビールとご飯。最高です^^
おとなりの中華系のおじさん達もこちらを見て「おっいいね~!」な感じでビールを注文してしばし歓談。

この後、ベッドのセッティングを車掌さんが回って行ってくれてるのですが、うっかり写真とり忘れ...
綺麗なシーツとクッションにカバーをかけてくれ、客席はなかなか快適なベッドに早変わり。
カーテンもつけてくれ、中に入ると昔子供の頃に傘をドーム型にして籠って遊んだような感覚です(笑)

その後眠くなるまで残りのビールをちびちびやりつつPCで映画鑑賞して就寝。
(既にビールはぬるいのでタイ式に氷入りビールです^^)

CIMG1942.jpg
さて朝。前日に朝食の時間もきちんと聞いてくれてまして、予定時間に朝食到着!
これはお粥のセット。
ベッドから客席へのセッティング前なので、ベッドで足を伸ばしながらの朝食...という事でサンドイッチの方が食べやすくおすすめ。

CIMG1945.jpg
外の風景はまだまだタイな感じ。

つづく

列車でクアラルンプールヘ 1

タイの洪水被害は収束に向かうどころかいよいよバンコク中心部にも押し寄せてきているようで、避難生活が長引いている人達の疲れもたまってきているだろうと想像します。
自然災害ですが、急速な都市化、森林伐採、そして人的な事....沢山の要因が重なりに重なって深刻化してるのだと思うのですが、あまりに悲惨な状況で知人宅近辺や元職場の写真を見るにつけため息が出てしまいます。

今回よくわかった事は、伝統的な家屋の作りや、いつも思っていた銀行(ビルの中以外の支店)はなんで二階にあるんだろう??な疑問はなるほど、納得です。
伝統を守る事の大事さ。私自身の今後の課題としたいと思います。

さて、現在バンコク行きを中止や延期されてる人も多いかと思います&私自身もあまり気が進まないのでまだバンコクで行ったレストランが残っているのですが、少し先にマレーシアの記事を書いていきたいと思います!

先日のカンチャナブリ旅と同じ写真ですが(苦笑)ホワランポーン駅です。
CIMG1622.jpg

飛行機だと2時間程の距離ですが諸事情により列車でマレーシアに渡る事になりました。
荷物が多いのでホワランポーン駅のポーターサービスを利用しました。
CIMG1920.jpg
ポーターはタクシーの降り場に待機しています。

CIMG1921.jpg
きちんと値段も決まっているようです。

CIMG1924.jpg
列車は2つの行き先が連結されていて、ハトヤイで切り離すもの、そしてバタワースまで行くものとがあります。
私は、こちらのバタワース行き。

CIMG1926.jpg
2等寝台の席です。1等はありません。

CIMG1927.jpg
2段ベッドのようになるんですね~(寝台車は初体験)

CIMG1931.jpg
乗ってすぐにメニューが配られました。
ディナーメニュー。思ったよりリーズナブルでほっ(笑)
クリックで拡大写真が開きます。

CIMG1932.jpg
朝食メニュー。
クリックで拡大写真が開きます。

つづく

寅次郎 スクンビットソイ26店

スクンビットソイ26のK-VILLAGE隣(スクンビット通りからみて手前)にある寅次郎。
バンコクでは有名な居酒屋チェーン。

CIMG1588.jpg
たこわさ。アジア園ではなぜか(私の周りだけ?)人気のタコワサ。

CIMG1591.jpg
ネギトロ巻き。山盛り乗ってます。

CIMG1592.jpg
天丼。

CIMG1594.jpg
焼き鳥盛り合わせ。

CIMG1595.jpg
サーモンにイカ焼き。

ここのメニューには写真があるので、日本人、タイ人以外の人と来るときには便利なお店です。



寅次郎 スクンビットソイ26店
S&P Sukhumvit Soi 26 (2F), 2/1, Soi Atthakrawi 1
open:月-土 17:00-01:00(L.O.24:00), 日、祝日 17:30-23:00
tel:02-259-6075-6


View makan makan asia in a larger map

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。