2011年09月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

特別列車でカンチャナブリへ 2

ガタゴトと発車した列車は、ちょこまかっと小さな駅にも停まり、売り子さんを拾いつつナコンパトムに到着しました。

さて、この売り子さんですが、ご当地スイーツを売りにくるので甘いもの好きな人はあれこれ試してみるのも楽しいかと思います^^
だいたい20バーツくらいで、お菓子にフルーツ、カオニャオ&ムーヤーンなどなど。
飲み物の売り子さんも居てなにかと便利です。

CIMG1657.jpg
ナコンパトム駅ではだいたい30分程の停車。

CIMG1654.jpg
駅から歩き出すとどどーんとプラ・パトム・チェディが見えます。
なにげにこの塔、世界一高い仏塔だそうです。
が、のんびり中を見学してると列車に乗り遅れますのでご注意を。

CIMG1656.jpg
この仏塔は以前見学した事があるので見学はパスして、2度目の朝食バミーを(笑)

CIMG1660.jpg
エアコンが無いので、窓全開でじゃんじゃか枯れ木などを巻き込みつつリバークウェーブリッジ駅に到着。
映画「戦場に架ける橋」で有名な橋ですが、私はこの映画を見た事なく....(恥)

CIMG1662.jpg
ということで、この光景をみても「はぁ、橋ですね。」くらいの感想...

CIMG1663.jpg
こんなものが再び落ちてくる事がありませんように...って今時こんな兵器つかわないですね。

CIMG1665.jpg
線路を歩いてみる事も可能です。


CIMG1667.jpg
また駅横には巨大なジュエリーマーケットもあり、興味のある人はお買い物も可。
ミャンマー近くのここは宝石の産地でとても安く宝石が買えるそう。

CIMG1669.jpg
私には宝石を見る目は無いので本物かどうか全くわからないのですが、目がいったのはこの激安20バーツ(50円)ブレスレット。
ばらまきお土産にいかがでしょ?

CIMG1671.jpg
さて、再び列車に乗り込みまして最終地に向かいます。
列車が橋を渡るときには、橋を歩行中の人はこの用に避難所に避難して列車を見送ります。

つづく
スポンサーサイト

特別列車でカンチャナブリへ 1

土日祝のみ運行の特別列車でカンチャナブリに行く為、まずはチケット購入に2日前にフアランポーン駅へ行きました!
(インターネットでもチケットは買えるとの情報があるのですが、発見できず直接出向きました)
ピーク時や大型連休中は早々に売り切れる事があるので、出来るだけ早めに購入される事をおすすめします^^

何時来てもこの光景に苦笑(笑)
CIMG1622.jpg
駅構内では地べたに座ったり寝たりしてる人が大勢。中には数日ここで寝泊まりしてるのでは?な人まで^^


CIMG1624.jpg
どこに並べばいいのかよくわからないので、こちらのインフォメーションでカンチャナブリ行きのチケットカウンターを教えてもらいます。
また、きょろきょろしてる外国人には、ブルーのポロシャツをきたお姉さんが英語でも案内してくれます(コップンカー)

CIMG1623.jpg
インフォメーションカウンターの横にフードコートがあるのを発見(今まで何度か来た事があったけどこの存在に初めて気がつきました~)
他にも2階にはブラックキャニオンなど、簡単に食事が出来る所が何件かあります。




さて、日が変わりまして、出発当日。

CIMG1650.jpg
列車の発車は6時半。眠い目をこすりつつ駅でパンとジュースを買い乗り込みます!

CIMG1651.jpg
列車の中はこんな感じで、特別列車というわりにはいたって普通のオンボロ車両です^^
少し座席に余裕があるかな?と思っていましたが、次の停車駅、サムセンナイで満員に。
乗客のほとんどはタイ人でした。

CIMG1653.jpg
これがチケットです。往復で120バーツ。
朝6時半に出発して戻りは19時25分の予定となっていますが....

つづく

アイデア商品?

バンコクで見つけた「ほぉ」な商品。昨年まではあまり見た事がなかったような!?

CIMG1587.jpg

テンモーパン(スイカシェイク)じゃなくて、それをぶら下げる緑の取っ手。
今までは大抵、紙ナプキンで包んでくれてたのですが~。

周りをみたら、沢山のOLさんもこれぶら下げて出勤してました~。ここのお店だけでは無いようです。


ほんの少し居ないだけで結構いろんな事が変わっていくものですね^^

Shambala

今日は、またまたアリー周辺のお店です。
ランチや早めのディナーにちょくちょく利用していたお店なのですが、詳しい情報がなくて今までブログにのせてませんでした。
いぜん詳しい情報は??のままですが、相変わらず狭い店内は激混みだったのでご紹介^^

CIMG1526.jpg
ソイアリー沿いの便利な立地。

CIMG1525.jpg
入り口ではソムタムなどの和え物系、そして奥の狭い厨房で揚げ物系などを作っています。

CIMG1520.jpg
イサーン料理中心のお店です。
突き出しのお野菜。

CIMG1521.jpg
ソムタムカイケム。
CIMG1522.jpg
パッシーイウ。辛くない麺料理ですがしっかりとした味。

CIMG1523.jpg
ナムトックムー。

CIMG1524.jpg
名前失念....鶏の唐揚げですが、胡麻入りで香ばしいです。

お料理は全体的にあまりはずれがなく、そして安い!という事で、地元在住の外国人客も多いお店です。

お店は元、Shambalaというマッサージ店だったところで、今はパラゴンの地下にChambalaと名前を変えて営業しているようです。
という事で店内は未だなんとなくマッサージ店な雰囲気&名前もそのまま使ってる模様....。
数名のスタッフは元ソイ3のリフレクションズに居た店員だったりします^^

ちなみにビールは置いてないですが、言えば近くのセブンに買いに行ってくれます♪

Shambala
場所はAri soi2を過ぎたあたり。


より大きな地図で makan makan asia を表示

ラオラオ シーフード レストラン

台湾から続く「シーフード食べたい熱」はまだくすぶっていました。
が、到着日はぐったりつかれてしまい食欲もあるにはあるけどお疲れ気味....という事で簡単にすませられる屋台へ。

そして2日目の夕食は満を持して(笑)おなじみのラオラオヘ。以前の記事はこちら

オールシーズンズホテルからは夕方でしたら徒歩でもさほど苦痛無く歩ける距離です。

CIMG1508.jpg
ここのビールは大抵、半分凍ってます。
暑い中歩いてきてキーンと冷えたビール!!たまらないです~(最初は泡だけですが)


CIMG1510.jpg
生ガキ:ホーイ・ナンロム・ソット。
タイではグラティンというハーブが必ずといっていい程一緒に出てきます。
ほろ苦くて牡蠣と一緒に食べると美味しいです。
解毒作用もあるそうなので残さずしっかり食べておきましょう~。
おかげでタイでは牡蠣に一度もあたった事がないような...(もともとお腹が強いという事もありますが~)

CIMG1513.jpg
空芯菜の炒め物。(豚の唐揚げ入り)

CIMG1512.jpg
魚の塩焼き。シンプルだけど、レモングラスがふわっと香って美味しいです。

CIMG1514.jpg
そして、グンチェーナンプラー。
辛いけど生エビが甘くて美味しいです!

と、久しぶりに目一杯シーフードを食べて大満足でした^^

情報は以前の記事をご参照ください^^



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。