2010年11月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Shanghai Chicken Rice 上海鶏飯 ~アリー・ガーデン

xiaolongpao
何ができるのかな~と前を通るたびに楽しみにしてたアリー・ガーデン。
アリーのこのあたりは住宅地でもあり、実は省庁エリアでもあります。
ちょうど財務省の向かいにできたこのコンプレックス。
びっくりするような高級車がバンバン停まってます^^;

xiaolongpao
敷地はさほど広くはないのですが(もともと一軒家だったので...汗)ガーデンの名の通り中庭が広めにとってあって、コンパクトながらもくつろげる雰囲気です。

xiaolongpao
いつもはこの近くのpladibに行くのですが、たまには気分を変えてこちらで軽く夕食を取る事に!

ちなみに、こちらのアリー・ガーデンの構成は、カフェが2軒?とカフェレストラン、サラダ専門店、パブ、ネイルサロンそしてこのお店という感じです(他にもちょこっと何かあったような

xiaolongpao
写真付きのメニューで見やすいです!

xiaolongpao
メニューには「Braised Pork and Nappa Cabbage with Gravy Sauce + Steamed Buns」となっていてナッパキャベッジに???でしたが、確かに菜っ葉(笑)
味は悪くないのですが、スチームバンがちょいと小さいような...挟めないデス。
でもこれで70バーツはなかなかお得。

xiaolongpao
アップ

xiaolongpao
こちらのお店、セントラルワールドにもある上海小龍包の系列店!という事で、小龍包も行ってみましょう~♪
味の感動は薄いですが、45バーツ。サイドにはもってこいの量とお値段かな。

xiaolongpao
そしてカオマンガイ(60バーツ)
屋台やフードコートに比べるとちょいとお高めですが、上品なお味

カオマンガイというと屋台やエアコン無しのお店~なイメージですが、女子お一人様でも行きやすそうな雰囲気&AC付きなので便利そうです。

にしても....

タイならではの光景。
xiaolongpao
この狭いお店にこんなに従業員要るのでしょうか



Shanghai Chicken Rice 上海鶏飯
Aree Garden支店
Aree Sampang soi11, Pahalyotin soi5, Samsennai Phyathai
tel:02 2278 4064


より大きな地図で 召しませThailand を表示



スポンサーサイト

ママー・センレック・トムヤム

タイからの引っ越し。
大きな家具はないし、荷物をできるだけ処分して身軽に移ろう!と思ってたたのがどっこい。

上の方の扉を開けると...
「あーこんなものが!」とか、

小物(塵)も積もれば、山...
「えー!これ捨てるの(あげるの)??もったいないよ~!日本だと3倍の値段だし!」とか。

仕事関係のもろもろも仕事場から引き上げてきたらトンでもない量になってて...
どうしよう。郵便だけで送るのは絶対無理!となり。
仕方が無いのでコンテナで送る事に。
ところがこのコンテナ便。最小単位が2立方メートルからとの事。
じゃぁ、まだまだ送れるわ~!と考えが180度変わりまして、あれこれ買い込んできた訳です。

そんな中の一つがインスタント麺(笑)
きっと日本の値段を考え、この地では高いに違いない!と思って大量に持ってきたのですが何の事ない、1個約30円程で箱売りしてました^^;

で、なんとなくこちらでも買ってしまったのですが(全く計画性のない買い物)、よく見るとパッケージがタイのとは違う...
mama1
上はタイから持ってきたもの。
下は現地調達品で英語、中国語、日本語が。


mama2
タイ製アップ(Thailand Best)のマークも入っています。

mama3
こちらで買った物のアップ。

と、写真も違う!
わたしにとってはタイバージョンの豚の内臓&ライムが乗っかってる方が断然美味しそう....
もう、こうなったら同時に実食したくて仕方がなくなり~。

ちなみに麺の重量、裏の成分表の比率は同じでした。
mama4
中のスパイスは一見同じ。

が!!

緑の袋の方の油。タイから持ってきたものは少し固くなってて出しずらかったのですが、こちらで買ったものは固まってない!

ちょっと感動(笑)


さて、作ってみました。盛りつけがイマイチなのはお許しを...
器は一応タイの屋台と同じメラミン丼です(笑)
mama6
タイから持ってきたもの。

mama5
こちらで買ったもの。

♪感想♪
調味油には気温が考慮されている。
スープの味はタイから持ってきた方が少し酸っぱい&辛い。
麺はタイから持ってきた方が少しツルっとしてて、こちらで買ったものは舌触りがざらっとしててほんの少し固め。

そんなこんなで、ちらっと写ってますが、こちらで買ったものにはライムとタイ産の粉唐辛子を投入して美味しくいただきました♪

アムパワー日帰り旅 その5

今回のアムパワー旅のメインテーマは観光でもなく、蛍鑑賞でもなく....
実はコレ↓

amphawa
Tシャツではなくて...

amphawa
プラトゥー♪頭部がクキッと折れたこのお魚。
サバ科で和名グルクマという名前だそうで、特にこのサムットソンクラーム県のものは美味しいとの事!

タイ料理ではナムプリックやヤムで見かけますが、大振りのものは普通にフライパンで焼いて大根おろしとポン酢で食べても美味しいです!

せっかくなので新鮮なプラートゥーを現地で食べてみたいなぁ...と思い、川沿いのお店に入ってみました。
amphawa
店名は不明...看板が見当たらず^^;
おとなりはパワットというガイヤーンで有名なお店。

amphawa
つぎつぎと魚が焼かれていきます~!

amphawa
喉がカラカラで、とりあえずビール!!


amphawa
せいろにはいったプラートゥーは蒸されていますが、こちらは生から炭焼き!
が...ちょっと骨っぽく、生っぽく残念な感じ。
ワンコが下でおこぼれを狙ってます^^

amphawa
気を取り直してグンパオを。
バンコクの方が安いです....(沈)


でも、この雰囲気を楽しみつつ食べてると、雨が...
amphawa
ものすごい量の雨なので、この後の蛍鑑賞&宿泊はあきらめ雨が少し収まるのを待って帰途につきました。

帰りのソンテウ(メークロンまでの)乗り場はバンコクバンク前。
amphawa
ふと横をみると、アヌサワリー駅行きのロットゥーが乗り場が!

amphawa
たぶん、これは公営ではないとおもうのですが、雨もまた酷くなってきたし乗り換えも面倒なのでこちらで戻る事に。

長々とやってましたアムパワー日帰り旅ですがこれにて終了です。
おつきあいいただきありがとうございました~。
日帰りの数時間旅でしたがとっても楽しかったです。
次回はプラトゥー料理が楽しめる海沿いのレストランに行きたいと思います!!

アムパワー日帰り旅 その4

まだまだアムパワーつづきます

アムパワーは蛍が見れる事でも有名。
でも、蛍ツアーに出ると最終ロットゥー、バスを見逃してしまうので日帰りは無理(マイカーなら大丈夫です!)。
という事で、一応一泊分の荷物を持って出かけました。
が、肝心のお宿は予約しておらず
きっとどこかに空き室があるんでは?と思ったのですがやはり連休中と言う事ですでに川沿いのゲストハウスは満室続きでした。

そんな中、できたばかりで全室あいてるわよ!というお宿を発見(笑)
数百バーツ~1000バーツくらいのお値段が標準のなか、こちらのお宿2000バーツ超えと少しお高いのでとりあえず見学して考える事に。

chababaancham
入り口はおしゃれなオープンエアのカフェです。

chababaancham
こんな感じでまったりくつろげそうな席も。

chababaancham
カフェを抜けて敷地内にはいると、池の上にバレがありました。

chababaancham
宿泊者用のラウンジだそう。

chababaancham
スタンダードルームの入り口。お部屋がつながってる長屋風。

chababaancham
お部屋はあまり広くはないですが、シンプルで清潔。

chababaancham
アメニティはこんな感じ。
バスルーム(シャワー・トイレのみ)ももちろんあります(写真無し)

chababaancham
こちらは一番お高い二階建てタイプの外観。二階テラスがあるというだけでベッドルームはスタンダードと同じです。
でも2階がくつろげそうでいい感じ!

結局この後、ものすごい雨になり蛍ツアーは断念。
という事で宿泊も断念しました。

この川沿いにはゲストハウスは多いですが、このようなリゾート系は少ないのでこれから人気がでるかもしれませんね♪



Chaba Baan Cham Resort
Address :Tambon Amphawa, Amphoe Amphawa, Samut Songkhram
Tel :08-1984-1000, 08-9449-0415
E-mail : chababaancham@gmail.com
お値段はこのときはオープニングという事で1800バーツでいいわよ!と言ってくれてましたが、基本2400バーツ~のようです(2010年8月現在)


より大きな地図で 召しませThailand を表示

アムパワー日帰り旅 その3

アムパワーの楽しみは買い食い!!ってくらい沢山の食べ物屋台が並びます。
出発直前にバミーを食べて腹ごしらえしてきたのに、ついついあれもこれも試したくなるおやつがいっぱいです~。

amphawa9
イカ焼き!!

amphawa
ムーピン!!

amphawa
落花生はカップに山盛りで10バーツ♪

amphawa
休日なのでお手伝いする子供の姿も。


amphawa
暑いので氷でクールダウン。

amphawa
このルクチンとソーセージ。めちゃくちゃ大きくてびっくり!

amphawa
カブトガニ。日本では絶滅危惧類で食べる事はできませんが、こちらでは屋台で売ってます。
卵を食べるんだと思うのですが、生臭いとの噂...ということで食べた事ありません^^;

amphawa
買い食いその2はベビーホタテの炭焼き♪

まだつづきます(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。