カテゴリ:話*Kuala Lumpur の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

パブリカ

一年ぶりのクアラルンプール、目まぐるしく道路が変わり新しいショッピングセンターが出来、毎日へーへーを連発している田舎ものです(^^;;


このパブリカも新しいショッピングセンターの一つ。まだまだ空きスペースが目立つのですが、特徴的なのはセレクトショップが多いところかな?


レストランもここマレーシアだよね??と錯覚するくらい洗練されたお店が多いです。

もう充分では?と思うくらいまだまだ高層ビルも建設が続いていて、5年後にはいったいどうなっているのやら~。
スポンサーサイト

夏休み

夏休みでアジアに戻ってきました。
久々のアジア、飛行機を降りた瞬間から空気ににおいがあって何だか嬉しくなりました(笑)


前回の記事で書いてからずっと食べたかったビーフヌードルのお店(マレーシア)にまずは!といってきました。
細くてシコシコした麺と香ばしい揚げニンニクが最高です~!

今回の帰省(日本とアジア周遊)にはiPadしか持ってきませんでしたので、しばらくはレストランやホテルの紹介をお休みして日記を更新させて頂きたいと思います。
更新が遅れ気味になるかもしれませんがよろしくお願いします(^ ^)

Koong Woh Tong 恭和堂

まだ雪が溶けず路面が凍結してる状態の自宅からアジア帰省(?)した昨年。
やっぱり南国はいいな~なんてクーラもあまりつけず楽しんでいたらある日突然足(膝裏)に湿疹が...
ものすごくかゆいのだけどあせも?と思ってクーリングパウダーを塗って放置してたらおなかから下が全部湿疹で覆われてしまいました(涙)

あまりの痒さそして痛さにちょうど針&整骨に通っていたバンコクの華僑中医院で見てもらう事に。
ドクター曰く「体のバランスが崩れて、熱がこもっている」だそうで...
という事で早速漢方を処方してもらいました。

初めてオーダーメードの漢方を処方してもらったのですが、実に待つ事2時間半!
しっかり抽出されて出てきたホカホカの液体は、ニガーーー!マズーーー!!でしたが、さすが効果覿面!
夕方飲んで次の日の朝には痛み痒みは半減以下で、全部がんばって飲み終わった頃には蕁麻疹はもとより体もずっと楽に(内蔵の状態も聞いてくれそれに効く薬草も入れてくれたので^^;)

という事で前置きが長~~~くなりましたが本題です!
バンコクからマレーシアに移動した後もとにかく体を冷やす(?)用に心がけていました。

そこでお助けだったのがこちらのお店。Koong Woh Tong (恭和堂)はクアラルンプールに数件ある漢方茶のチェーン店です。

CIMG2112.jpg
ちょっとお買い物~の合間に漢方接種です。

CIMG2113.jpg
私が飲んだのは右の清熱王老吉という涼茶といわれるもの。体にこもった熱を出す作用があるとか。
小さい方のお椀に1杯で1.3リンギッ。苦くて気合い入れて飲む必要があります^^;
ほかにこのお店は亀苓膏(亀ゼリー)も有名のようです。

また、マレーシアのスーパーマーケット等では缶入りの涼茶も売られていて(甘~~~いですが)中華系の人は体に熱をためないように心がけているのだなぁ、と知ったのでした~。

Koong Woh Tong 恭和堂

列車でクアラルンプールヘ 3

CIMG1947.jpg
朝食を食べ、席を戻したら、いよいよ国境です。
荷物も全て持ち出しまして、タイ出国→マレイシア入国です。
ここは空港よりも随分ゆる~い雰囲気でして、後ろに並んでる旅行者にちょっとしたトラブルがあったのですが、タイ人係官の反応がおかしくて一同爆笑な場面も...。

CIMG1948.jpg
こちらからはマレイシア。さようならタイランド....
入国審査の後は車内の雰囲気も少し変わり、バターワースまでの数時間、車内販売も途絶えてしまいます。
ここでお菓子とジュース等の販売がありますので、小腹が減ったとき用に少し買っておくといいかもしれません。

※この後は地元の人が大勢乗り込んできます。
座席指定無しのようで、我々の席にもグリグリっと3人とか座ってきます。
インドネシアで小舟チャーターしたら、なぜかローカルの人が我れ先と乗り込んでくるのに近い感覚でしょうか^^;

CIMG1951.jpg
やっとバターワースに到着です!ちょうどランチ時「お腹すいた~~!!」という事で、あたりを見回すもなーんにも無いです...
シャワーも浴びたいのですが、ホテルなども無く。
ほとんどの乗客はここからペナンに行くようでこの後に来るKTMインターシティに乗る人は若干数。

また、駅構内のトイレは有料(マレーシアですね)
マレーシアコインの持ち合わせが無く、タイバーツもだめと断られ。
うーん....カナダのクオーターならあるのですが。と言ったらしばし眺めてオッケー!ホッ(笑)


CIMG1952.jpg
バターワース駅にあるのはこんな売店が2、3件あるのみ。
「両替致しまよ」にヘナヘナ~となりつつ...

CIMG1950.jpg
確保したランチ(二人前)

さて、2時間程待ちましてKTMインターシティがやってきました。同じホームですので、移動は便利です。
退屈なので長ーいプラットホームを走ったりして暇つぶし(笑)

KTMの席はPremier Classって事でゆっくりできるかな~なんて思っていましたが....
リクライニングは壊れていてもたれ掛かるとどこまでも倒れて行き、アームレストからは果てしなく子ゴ○ブリが出てきました(泣)

CIMG1954.jpg
夕飯は一度だけ来た車内販売のこれを。
(激甘で一口で降参でした)

KLセントラルには夜9時過ぎの到着。
到着時にはお腹ペコペコ、ヨレヨレの状態。
長時間移動でしたが、タイ側はとても快適な旅でした。
もしもこの移動をまたする事があればがっつりと食料を買い込んで行きたいと思います!(できれば逆ルートがいいな...)

列車でクアラルンプールヘ 2

少し時間が開きましたが、列車でクアラルンプールへの続きです。

早々にオーダーをすませ、ビールもありますか?と聞いたら「あるよ~!」との事でビールも2本お願いしたら、即持ってきてくれました^^
CIMG1935.jpg
昼から飲んじゃう!?とも思いましたが、夕飯時のお楽しみという事で一旦持って帰ってもらいました。バイバイフォーナウ(笑)

CIMG1937.jpg
さて夕飯時。普通は座席にテーブルをセッティングして自分のところで食べるのですが、諸事情により(笑)私の席はとんでも無い事になっているため開いてる席にテーブルセッティングしてくれました。スタッフさんの機転に感謝!
手前がDセットのポークオイスター炒めセット。
奥がBセットのチキンとカシューナッツ炒めセット。
カレーもグリーンカレーとレッドカレーの2種類。
かなり辛さは控えめですが、列車でこの料金(150バーツ)はありがたいです。

CIMG1938.jpg
列車のガタンゴトンというリズムを聞きつつ、ビールとご飯。最高です^^
おとなりの中華系のおじさん達もこちらを見て「おっいいね~!」な感じでビールを注文してしばし歓談。

この後、ベッドのセッティングを車掌さんが回って行ってくれてるのですが、うっかり写真とり忘れ...
綺麗なシーツとクッションにカバーをかけてくれ、客席はなかなか快適なベッドに早変わり。
カーテンもつけてくれ、中に入ると昔子供の頃に傘をドーム型にして籠って遊んだような感覚です(笑)

その後眠くなるまで残りのビールをちびちびやりつつPCで映画鑑賞して就寝。
(既にビールはぬるいのでタイ式に氷入りビールです^^)

CIMG1942.jpg
さて朝。前日に朝食の時間もきちんと聞いてくれてまして、予定時間に朝食到着!
これはお粥のセット。
ベッドから客席へのセッティング前なので、ベッドで足を伸ばしながらの朝食...という事でサンドイッチの方が食べやすくおすすめ。

CIMG1945.jpg
外の風景はまだまだタイな感じ。

つづく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。