カテゴリ:話*Bangkok の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ワッ・ポー

もう、何度行ったか分からないくらいのワッ・ポー(涅槃仏寺院)
でも何度行っても発見がありますね^^

2012-07-27 23.36.37
今回の一番の大きな発見は入場料が100バーツという価格になってた事。
ずっと前に行ったときは確か20バーツだったような...
その後、タイで働きだしタイでの身分証明書を見せればタダで入れてもらう事ができたのでいくらになってるのかはあまり把握してなかったのですが、確か50バーツ程だったと...

検索してみたらどうやら今年2012年の1月1日から100バーツに値上げされたようです。
突然の倍額に少し面食らいましたが、それでも世界の観光地の入場料から考えると安いかもしれませんね^^

2012-07-27 23.36.06
値上げした分、こんな細やかな配慮が。
靴入れです^^
そとに置いておくと結構盗まれるんですよね。気をつけてください。

2012-07-27 23.37.21
毎回そして角度によっても表情が違って見えるお顔。
自分の心を読まれてるような気がしてなりません...。

2012-07-27 23.43.13
壁画の修復現場。

2012-07-27 23.47.16
もう一つの発見は、こんな所(涅槃像の裏側)にも金の像が。
えーっと、仏像には詳しくないのですが大黒天でしょうか???

2012-07-27 23.48.12
友人は108の鉢にサタンコインを入れて煩悩を捨てているあいだ私は頭をじーっと眺めていました。


Wat Pho

329/25-28 Maharaj Rd., Prabarommaharajchawang Pranakorn Bangkok 10210
tel:0-2226-0369
open: 08:00-17:00 everyday
the entrance fee: 100Baht

ガイドブックにも必ず書かれていますが、入り口付近で「今日はお休みだから別の所に連れて行ってあげる〜」という呼び込みにはくれぐれもご注意を〜!
基本的に年中無休ですので無視して下さいね。


View makan makan asia in a larger map
スポンサーサイト


のんびりまったりしています(*^^*)

バンコク21時間

昨日の午後から急用で予定を変更しバンコクに行って来ました。とは言え滞在時間、実に21時間。
無事やらなければならない事を消化でき、ホッとしつつ今は予定通りの旅先にチェックインしました。


大きな荷物は空港に預け、鞄一つで泊まったのは、エアポートリンク駅から徒歩すぐのプチホテル。
バンコクに到着してすぐは「あぁバンコクだ」位の感覚だったのですが、駅からホテルに向かって歩いてる間の匂い、音、色で一気に過去の記憶が蘇ってきました。

写真はラチャプラロップ駅から。
左上にちょこっと写っているエッフェル塔?もどきのタワーに笑をもらいつつまたまた空港に向かいました(笑)

なんと言いますか~、このミニエッフェル塔にも結構なお金掛かってると思うのですが...ここにお金かけちゃうタイ人な感覚のパッションに久々にヤラれちゃいました(*^^*)

タイの洪水被害状況

日に日に深刻さを増しているタイの洪水被害。
私の方でも時折洪水についてはツイッターの方でつぶやいていますが、噂や、未確定事項をつぶやく事はしたくないので、非常に限られた内容です。

渡航を控えてらっしゃる方は心配かと思います。
バンコク中心部でも浸水が始まり水がひくまでには1ヶ月との予測(現時点で)

また、「バンコク 洪水」のキーワード検索で来られた方もいらっしゃいますので、私が参考にしているホームページなどのリンクを並べたいと思います。

在タイ日本大使館ホームページ
http://www.th.emb-japan.go.jp/

バンコクポスト(英語)
http://www.bangkokpost.com/
http://www.bangkokpost.com/breakingnews

ロイター
http://jp.reuters.com/

マティチョン オンライン(タイ語)
http://www.matichon.co.th/

ザ・ネーション(英語)
http://www.nationmultimedia.com/

ニュースクリップ
http://www.newsclip.be/

などなど...

またツイッターでは#タイ洪水情報で洪水に関するツイートを見る事ができます。

また、現時点(10月22日)で、都が準備する避難場所に直ちに移動するよう呼びかけている27の地域の地図はこちら


これは私個人の印象ですが、ニュースサイトも発言に慎重になってきているような...

そしてとても心配なのが水の確保と共に感電。
バンコクには普段から切れて垂れ下がった電線が各所に散在します。
水中を歩いていて感電する危険性が非常に高いと思いますのでくれぐれもお気をつけ下さい。



狸田ポン太さんより「洪水の情報、↓のサイトが充実しているポン」と教えていただきました~!
http://flood.gistda.or.th/

ありがとうございます!


[10月28日追記]
豊田通商さんのサイトを追加させていただきます。

http://www.rtic-thai.info/ttet-fms/

特別列車でカンチャナブリへ 5

ナワナコーン工業団地に避難命令が出され、また水没しそうというニュースを見て驚いています。
ナワナコーン工業団地は日系企業が多い所。アユタヤに続き多くの日系企業が休業に追い込まれているようで今後がとても心配です。
また、今後ランシットのタマサート大学近くに水が流れ込むとの予測です。

タイ語になりますが洪水関連の情報リンクを大使館でまとめて下さってます。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/news/flooding_link.htm
日本語での要点は大使館ホームページのトップページより見る事ができます。

バンコクは今のところ大きな被害は出てないようですが、大雨の後はソイなどで冠水があるかと思います。
小さいお子様連れで観光なさるかたなど特に気をつけていただきたいと思います。(たまった水の中を歩くのは非常に不衛生です)



さて、ながながと続けてきましたカンチャナプリの話題。(今日で最後です^^;)

ナムトックヤイヨック駅からバンコクに向かって列車は動き出しました。
が、午後からは猛烈な暑さ。
窓全開ですが、のぼせてきてじっとしてられない程。
CIMG1708.jpg
カンチャナブリ駅に到着です!

CIMG1709.jpg
乗客達が続々と駅前に待機しているトゥクトゥクに乗り込むので、つられて私も乗り込みます。

CIMG1712.jpg
連合軍共同墓地に到着。
トゥクトゥクに乗る程の距離ではないような.....(汗)
(ここでトゥクトゥクの料金徴収。20バーツ程支払ったような...既に記憶が、あやふやですみません)

CIMG1710.jpg
無くなった方々の年齢などみると切なくなります....。

CIMG1713.jpg
今度は戦争博物館に行くのかな?と思っていたら....(実は今回一番見ておきたかったのがこのJEATH戦争博物館)

CIMG1714.jpg
食堂に到着Σ( ̄ロ ̄lll)
全然お腹は空いてないし...という事で皆様が食べ終わるのをじっと待ち駅にもどりました。

CIMG1716.jpg
見慣れた風景が目に入るようになったのは、到着予定時刻の7時25分を過ぎた頃。
帰りは宿泊地(&もと自宅)近くのサムセンナイ駅で下車。この時8時10分頃。
という事で、おそらくホワランポーンに到着は約1時間遅れでの到着だと思います。
それにしても最後まで、元気に案内してくれた車掌さんの体力には恐れ入りました!

とりあえず戻って鏡をみたら暑さとホコリで顔は真っ黒ドロドロ(苦笑)
という事でこの列車旅、行くなら絶対乾期をおすすめします^^; 
ウェットテッシュとうちわは忘れずに~!

また、戦争博物館を見たいという方はカンチャナブリ駅で別行動される事をおすすめします。
が、カンチャナブリ駅での滞在時間はあまり長くありませんので、このツアーで訪れるのは少し難しいかもしれません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。