カテゴリ:喰*Home の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ジャーサラダ

最近にわかに北米で流行しているジャーサラダ(Jar SaladまたはSalad in Jarで検索すると沢山画像がでてきます^^)
学生や職場のランチでもちらほら見かけます。

2014-01-14 12.16.51

サラダっていろんな種類の野菜やトッピングが無いと寂しいので結構沢山の物をかわなきゃいけないのだけど、いちいちそれを食べる度に洗って、切って、水切りして...と結構麺面倒。
ですが、休みの日とかにこのジャーサラダをまとめて仕込んでおけば約1週間程は持つ(某サイトでは10日と書いてありましたが私はちょっと不安...)ので、ランチや疲れて帰って来た時のディナーにとっても便利です。

今回はちょっとタイ風サラダを作ってみましたのでご紹介♪
もちろん中身は自由自在。

2014-01-13 18.04.49
入れ物で一番のオススメは広口で蓋が二重構造になっているMason Jar。こちらでは1ダース7ドル程で売っています。
とても密閉性が高くて蓋の換えも売っているので長く使えるのも◎。
日本では通販で手に入るようですが、結構お高いので、ピクルス等の瓶でもいいと思います^^
容量は500mlのものがちょうど1人前(日本の感覚だとちょっと大目かな)で使いやすいです。
使用前に洗ってできれば熱湯消毒し、しっかり乾燥させて下さい。

2014-01-14 11.04.57
今回のタイ風サラダに使った野菜はこれら、グリーンリーフレタス、インゲン、大豆もやし、パクチーファラン、レッドパプリカそしてツナ。
他にも、今回のドレッシングにはトアプー(四角豆)、ピーナツ、ホムデーン(赤玉ねぎ)、固ゆで玉子などが合うように思います。

2014-01-14 11.05.44
ドレッシングの材料はこちら。

☆タイ風ドレッシング(3個分)☆
ナムプリックパオ(チリインオイル):大さじ3
ライムの絞り汁:大さじ2
ナンプラー:大さじ1
砂糖:小さじ1

=======
このジャーサラダ。ちょっとしたルールがあります。
まず清潔な容器を使う事と野菜類の水気をしっかりと取る事。
入れる順番はドレッシング(大さじ2)を最初に入れて、その次にタンパク質系のツナや蒸し鶏、フェタチーズなどなど。そして、キヌア等の雑穀や玄米、パスタ。続いて茹でた豆類にナッツ類。最後の約半分をレタスなどのグリーン...とするとグリーン系はクリスピーなまま保たれます。
また、最後まですき間無くレタスをしっかり詰める事で移動中にドレッシングが回ってしまうのを防ぎます。

食べる時は、サラダボールにえいっとひっくり返していれるだけ。
わりといい感じでレタスの上にトッピング&ドレッシングがかかってくれます。
またランチなどに持って行く時は先にちょっとレタスを食べて(味無いですが)すき間を作ってからシェイクしてそのまま食べちゃいます♪


2014-01-14 16.56.31

冷蔵庫もスッキリとしていい感じです。
今回インゲンを生でいれちゃったのですが、少し茹でてからの方が水分がでなくていいと思います。
すりごまにマヨ、お酢、醤油、お砂糖、ごま油で作ったドレッシングに茹でたごぼう&人参の和風バージョンもなかなかイケます^^v


※湿度の高い夏場などは必ず冷蔵保存し、3日以内に消費される事をおすすめします!
スポンサーサイト

MAMA インスタントヌードル トムヤム・センヤイ

ママのヌードルシリーズ。今回はトムヤム味のセンヤイ。
安売りで一個が日本円にして約25円弱というお値段でした^^v (消費期限が近いからですね)

MAMA1.png

いつものように丼に麺を入れてスープを入れてお湯が沸くのを待ちつつ裏面を見たら「麺を鍋で3分茹でる」と書いてあるではあーりませんかΣ░(꒪◊꒪ ))))

慌ててお鍋にスープのパウダー&油をはらいつつ麺を移しまして、なんとか完成...
MAMA2.png
最近、漢方を飲んでるのですが辛いものは余り食べないようにと数人の漢方薬局の人に言われまして^^;
いつもは別になってるチリも全部入れちゃうのですが今回は入れず。が、結構スープに入ってるチリだけで辛いですこの商品。

さてさて、世界的(!?)に有名なMAMAですが、おなじみの小麦麺系製品とこれらのライスヌードル系製品とは別会社(同グループですが)になっている事に気づきました。

ライスヌードル系のホームページはPresident Rice Products Public Company
小麦麺系のThai President Foodsのホームページはこちらです^^ 

タイ語オンリーのページですがMama Loverというのもあり、レシピや動画、商品の詳しい成分などを見る事ができます。

MAMA いンスタントヌードル パッタイ

前回のMAMAグリーンカレーヌードルに続きまして、MAMAのパッタイです。
タイに居たときには見かけた事がなかったなぁ...なこちらの商品(ホームページを調べてみたらタイ国内では販売してないようです)

MAMAPATTHAI1.jpg
Pat Thaiのロゴがタイしてます^^

MAMAPATTHAI2.jpg
炒めた方がいいかな、と思いつつもとりあえず、裏面の作り方の通りお湯を入れて3分→お湯を捨ててスパイスを入れるというやり方で作ってみました。
具材はもやしとニラ、そして茹で海老を用意してお湯を捨てた麺にスパイスとともにまぜまぜ...ニラがちょっと多すぎたかも(笑)
思ったよりずっと美味しい&通常のものよりぐっとカロリーも低くヘルシーです^^v


作り方のビデオを見つけました(笑)

MAMA インスタントヌードル チキングリーンカリー味

先日バンコク旅行した友人が送ってくれました^^

2013-10-08 11.54.01

ママーのゲーンキヤオワーン・ガイ。
MAMAのインスタントヌードルはこちら北米でもとってもポピュラーで、小さなスーパーマーケットでも数種類と置いてある事が多いのですが、こちらのフレーバーは未上陸。

早速食べてみましたが、結構イケます!トムヤム味より好み♪
タイバジルが冷蔵庫にあったので、トッピングしてみるとぐぐっとタイ味が増しました。
はやくこちらでも発売されないかな〜。

カオマンガイを作ってみました

突然ものすごーくカオマンガイというかチキンライスが食べたくなったのですが、タイでのように気軽にお店を見つける事ができないこちら(涙)
でも、どうしても食べたい!と、思い切って自分で作ってみる事に。

「思い切って」な割には、材料さえ揃えば意外に簡単でした^^
カオマンガイ

◎材料
丸鶏
パンダンリーフ(生のものを使いましたが日本だと冷凍で手に入るようです)
ショウガ


チキンスープの素

*タレ
お好みですが、今回はシーユーダム(黒醤油)、ショウガのすり下ろし+お酢+油、チリ+ガーリックペースト(既製品)を用意しました。
またタイのカオマンガイではタオチオ(豆豉ソース)を使ったタレが多いようです^^

◎作り方
1:ジャスミンライスを丁寧に洗ってざるで水をきっておく

2:鶏も丁寧に洗う

3:大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩、ショウガ、パンダンリーフ、そして鶏を入れ10〜13分茹でる

4:火を止めてそのまま30分〜40分、余熱で鶏の中まで火を通す

5:鶏を取り出して氷水で冷やす

6:茹で汁(上に浮いた油をすくいつつ)にチキンスープの素を少し加えたスープでご飯を炊く(茹で汁の味をみて塩分が弱ければ少し塩を足す)

7:鶏がしっかり冷えたら身を切り分けて炊きあがったご飯にのせ、たれを小皿に用意したら完成♪

・写真には写っていませんが、チキンスープも作りました。残りの茹で汁にチキンスープの素、塩、胡椒で味を整えて冬瓜(または大根)を加えて火を通せば出来上がり♪

・本来はお米を鶏油やニンニク油でいためたりするようですが、今回は省略しました。

・パンダンリーフは手に入りにくいかもしれませんが、入れるとぐっと現地の味に近づくと思います(また、しばら〜く部屋がタイな香りになります)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。