タグ:中華料理 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

鼎泰豐 本店

新居にやっとインターネットが開通し、やっとブログの更新ができるようになりました。

という事で、長い夏休みの回顧録の用になってしまいますが、ポチポチと行ったお店などを更新して行きたいと思います。
まずは、北米よりのトランジットで立ち寄った台湾、台北。
実は初めての土地です^^

CIMG1352.jpg
まだまだ雪景色の中向かった先は初夏の台湾。

台北到着は早朝。
ホテルに半日分の追加料金を払い早めのチェックインをさせてもらい、シャワーを浴びて向かった先は鼎泰豐(そうとう勇み足です(笑))

CIMG1366.jpg
ビルは思っていたより看板などが地味で落ち着いた印象。
ほぼオープンと同時に入店したので待ち時間無く入る事ができました。

CIMG1365.jpg
中に入ると沢山の従業員さんがせっせと小龍包を作っていました。
せいろの数がすごい!

CIMG1353.jpg
メニューは日本語あり。
店内もほとんどが日本人のお客さんで、久々に沢山の日本人を見た私はここは日本では?と錯覚するくらい。

CIMG1357.jpg
とってもとってもお腹がすいていたので、まずはすぐ来る小菜からモヤシ。
たかがモヤシ、されどモヤシ!おかわりしたいくらい美味しかったです。

CIMG1359.jpg
まずは蟹肉小龍包が運ばれてきました。
想像してた程熱々ではなかったのですが、じゅわーっとひろがる蟹味噌のお味がたまらない!

CIMG1361.jpg
次に普通の小龍包が来ました。(10個入り190元。タイバーツと近いので感覚がつかみやすい^^)
こちらは時差があった分?熱々!

CIMG1362.jpg
薄い皮にしっかり肉汁が詰まってます^^
スタンダードの小龍包は食べた瞬間にすごい!って味ではないのだけど、いくつでも食べられる上品な味。
バンコクでも沢山の小龍包を食べた事がありますが、なるほど~と思える底力のようなものを感じる美味しさです。

CIMG1364.jpg
最後は一個単位で選べる包を。
小さいサイズの小豆入りとタロ入り。

この後、バンコクのセントラルワールドに出来た鼎泰豐の前を通ったのですが、こちらもすごい人気でした!



鼎泰豐(ディンタイフォン) 本店

台北市信義路二段194号
tel:(02)2321-8927、(02)2321-8928
open:10:00~21:00(月~金) 土、日、祝日 9:00~21:00


より大きな地図で makan makan asia を表示
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。