タグ:ベジタリアン の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

バーン・スワン・パイ

最近はいろんな食習慣、食事療法がありますね~。
私は、お肉もお魚も、ローフードも(単に生ものが好き)お酒も大好き
とはいえ年齢を重ねるにつれ昔程は無茶ができなくなってきました。
という事で最低限心がけているのは、できるだけお腹いっぱいまでは食べないようにする&何が食べたいかを体と相談するという事くらいでしょうか。

タイに来てからですが、特に「今なにが必要か?」を感じるようになってきたように思います。
果物でも、今はオレンジが欲しいとか、今はスイカだな、とか。
これは人に聞いたところによると体を温めるものが必要か、冷ますものが必要かという事らしいです。

と、前置きが長くなりましたが、この日は「野菜、ハーブをもりもり食べたい!」な気分だったので、BTSアリー駅近くのBANANAというコンプレックスにあるベジタリアンのフードコートへ。
早朝からもやってるので、仕事前にさくっと食べるのにもありがたい存在です。

banana1
このBANANAは行く度にお店がころころ変わるのでなんともいえませんが、コインランドリーやスパ、語学教室などが入っています。

banana2
こんな風に数件のおかず屋台が並んでます。おかず屋台のお米も玄米、赤米など数種類用意しているところもあります。
banana3
タイ料理のフードコートではこうやって自分で好きなだけ野菜やバジルなどを追加で入れる事ができます。
「野菜を目一杯食べたい!」な時にはあれこれ追加しちゃいます!


banana4
ヌードルショップで麺無し(ガオラオ)を。ルクチンももちろんお肉ではなく豆腐グルテンのようなものでこれが結構美味しい!他にもキノコの煮付けたものなどが入っています。

banana5
タイバジルとキノコの炒め物と豆腐のラーブを玄米ご飯にのっけたもの。
いずれも30バーツ!

banana6
ジューススタンドでイチゴスムージーを。と、けっこうな量のイチゴを投入。そんなにいれるの!?とびっくりしてたら、彼自身の分もついでに作ってました

banana7
暑かったので思わず一気飲みした後です。これは結構甘いのですが、甘さ控えめをオーダーしたいときには「ワーン・ニットノイ」と言えばシロップ控えめにしてもらえます(ただタイのストロベリーはものすごく酸っぱいのでシロップ無しだと飲みにくいと思います)


banana8
新しく、スパもできてました。

banana9
こんな物をつかってトリートメントしてくれるのでしょうかね...(@スパ音痴)

他にも植物系のグッズを扱った小さなお店が次々とオープンしてます(潰れるのも早いですが)
どこから聞きつけたのか、ヨギニーっぽい欧米人の姿も多く見られ「あなたもベジタリアンなのね」とか声をかけられますが「いえ、私はどちらかというと肉食で、ここには積もり積もった野菜不足の解消に・・・」とは言えず、にっこりスマイルで挨拶返しを

ま、こんな(どんなの?)のが好き!って方は少しスクンビットエリアからははずれますが、JJマーケットへの途中(2時頃には閉店するお店が多いです)などに寄ってみてください。


Baan Swan Pai Vegetarian food court at BANANA complex
BTS Ari Station exit No.2 (between phaholyotin soi5 to soi7)
Open:7am to 3pm (店によって多少違いますのでご注意)
ちなみに道を挟んだマッサージ店の奥にも同じフードコートがあったのですが、そちらは閉店しました。


より大きな地図で 召しませThailand を表示
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。